2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まこも湿布 その3



なんだか喉が痛いと思ったら湿度がすごく低いんですね。。。

でも昨日、今日とあたたかく、ちゃいも嬉しそうでした♪

私にしてはハイペース更新です。

でもあと2~3回でマコモ日記も終わりそうな予感がするので頑張って書こうと思います。

ちゃいのマコモ日記がいつか誰かの役に立つことを願いつつ。。。


ちゃいが右脚を上にして寝ている時、限定ですけど、自由に湿布をとりかえられます。

chai2012-0329-1.jpg


chai2012-0329-2.jpg

こんな感じです。

でも取り替えてる間、ガン見してる時もありますし、舐めようとすることもあります。


今日の腫瘍の様子はこちら。(苦手な人はクリックしないでくださいね)

3月4日の腫瘍はこちら


「でろんでろん」な感じから「ペラペラ」に。。。

大きさを計ったら一番大きい部分が19mmでした。

ちなみに腫瘍が一番大きかった時は25mmでした。

使用後の膿がついているマコモはこちら

これは6時間ぐらい使ったものです。




いただいた資料の中からペットのことが書いてあるものを参考までにアップします。

(※2005年に書かれた記事です)

そのままのサイズだと読みにくいので拡大して読んでください。

記事(画像ですが…)の上にカーソルを載せると「+」に変わりますので、
そこでクリックすると拡大されます。
 

1ページ 

2ページ 

3ページ






にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
ランキングに参加しています
スポンサーサイト

| ちゃい日記 | | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鉛筆画はじめました




鉛筆画(えんぴつが)とは、鉛筆のみで描く絵画である。

デッサンなどの下書きの状態のものは含まれず、鉛筆による描写・彩色のみで絵画として完成しているものを指す。

黒鉛筆のみで描く白黒(モノクロ)のものと、色鉛筆で色をつけたものがある。



                                              ※ウィキペディアより引用




さて…。


ちゃいを鉛筆画で描くとこんな感じになります。


PaperCamera2012-03-15-23-39-52.jpg



いい感じですよね( ´艸`)



でも、実は描いたのではなく、撮っただけなんです。


1か月くらい前に携帯をスマホにしまして…。

これはスマホのアプリ「Paper Camera」というもので撮りました。

あ、でもこの写真は以前に撮った写真を変換しただけでした。

アプリはセール中で20円でした^^


PaperCamera2012-03-26-20-51-40.jpg
「Paper Camera」で撮ったもの。




PaperCamera2012-03-26-20-48-20.jpg

コントラストや線の感じも細かく設定できます。
 



PaperCamera2012-03-15-19-27-13.jpg

ドラ○もんの絵描き歌しか描けない私にとっては、とても便利なツールです♪




PaperCamera2012-03-10-23-21-36.jpg






3月27日の腫瘍はこちら。(苦手な人はクリックしないでくださいね)

3月4日の腫瘍はこちら



何日か前から膿がたくさん出るようになってきて、それを店長さんに報告したら効果が出始めている時に、
マコモを飲ませる量を増やして一気に膿を出したほうが良いとアドバイスをいただきました。

今日はたくさん飲ませました。

肉眼で見ても少し縮小してるのがわかります。

赤くでろんでろんな感じになってきました。

少し痒くなってきたみたい。。。

ちゃいが寝ている隙に大きさも計ってみようかな。

湿布を取り替えるのは嫌がったりしないけど隙あらば舐めようとするのでじっくり観察できないんです。

店長さんは消滅するのが当たり前みたいな話ぶりでした。




にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
ランキングに参加しています

| ちゃい日記 | | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まこも湿布 その2



まこも湿布、途中経過です。

マコモを飲ませるようになってから毛並みもなめらかでふわふわになりました。

 
chai 103
 

その後、マコモ湿布もますます臭くなってきました。

一緒にお布団で寝るとけっこう臭い…(゚ー゚;A

ネバネバした膿のようなものも出てきてます。

良性腫瘍が出来たのにも何らかの原因があってそれが腫瘍という症状となって表に出たのだと思います。

悪いものが体の中から出て行って原因が無くなったら腫瘍が消滅するのかもしれません。


chai 122


大きさはそんなに変わってないかもしれないですけど、少し平たくなったような気がします。

3月24日の腫瘍の画像はこちら。(苦手な人は見ないでくださいね)

3月4日の腫瘍はこちら

角度とか画像の大きさとか微妙に違うからわかりにくいですね。

一番変わったのは、太い血管がなくなって血が出なくなったことかな。


ちゃいは、後ろ脚なので↓こんな感じで包帯にマコモを練ったものをつけて脚に巻いていますが

ワセリンやハチミツに混ぜて軟膏みたいにして塗ってもいいみたいです。

chai 101
↑使用後。



chai 104
撫でられるの好き。。。


また何か変化があったらご報告しますね。



にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
ランキングに参加しています

| ちゃい日記 | | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マコモ湿布(長文です)



先日も記事にした、ちゃいの良性腫瘍(アボクリン線腫)。。。

良性で一安心したものの、病理検査の結果を見ると「策状増殖しています」とのこと。

良性だけど、短期間でどんどん大きくなるしすごい勢いで増殖しているのが見ててわかりました。

201203-1 (1)
クローバーもどんどん成長してますにゃ。



心配でちゃいを通じて知り合い、長年仲良くしてもらっている友達に相談したら「マコモ」をすすめられました。

「マコモ」っていうのはイネ科の植物でマコモの持つ耐熱菌というのが皮膚疾患にも効くらしいです。

他にもいろんな効果があるみたいですけど私が教えてもらったのは主に

◆腫瘍が小さくなる

◆体の悪いものを吸収してくれる
(吸収しはじめるとマコモがすごく臭くなる)

ということでした。

あとは、治ってくる時にドロドロとしたものが出てくるけどそれを乗り越えられるかというのも言われました。
(↑これを聞いてちょっと怖気づく)

資料を見ると効果が出やすい分、好転反応も強く出る傾向があるように思いました。

最初は「マコモ」を試すことに不安もありました。

でも紹介してもらった「マコモ普及センター」の店長さんにいろいろとお話を聞いて
「動物病院でも治療に使われている」ということを知り、試してみる決心がつきました。

※都内のエルム動物病院で治療に使われているとのことです。

ちゃいの場合、良性腫瘍ですし獣医さんからは手術するか経過観察(何も治療しない)か…
という感じに言われていたため獣医さんには相談しませんでした。

悪性腫瘍が治ったという猫ちゃんもいましたが、悪性の場合、獣医さんとも良く相談したほうがいいかと思います。


201203-1.jpg


ちゃいがすすめられたのは「マコモ湿布」と「マコモの服用」です。

湿布は「粉状のマコモ」をお水かお湯を足して耳たぶくらいの固さにして足に湿布、8時間置きぐらいに交換しています。

「服用」はお水でお団子状にしたものを飲ませています。

私も飲みましたけど、泥臭いような稲臭いような感じです。

3月9日の夜から湿布と服用をはじめました。

最初のうちは腫瘍からの出血が多かったのですが、マコモ湿布をすると短時間で出血が止まり驚きました。

マコモは傷を治す効果も高いみたいです。「やけど」もきれいに治るみたいですよ。


毎日、見るたびに微妙に腫瘍の状態が変化していたのですが、今日は写真でも違いがわかるくらいの

効果が見られたので途中経過をブログにアップします。

苦手な方は見ないほうがいいかも。。。


腫瘍の画像はこちら

腫瘍の回りについている茶色い土みたいのがマコモです。

赤い↑の部分は少し毛が抜けちゃったのもあるんだけど、腫瘍が小さくなって下の皮膚(?)が見えてきました。

腫瘍全体からじわじわとネバネバした液体が出てきてます。

治ってくると臭くなってくるとのことですが、だいぶ臭くなってきました。

でも、昨日見たときに縮小してた部分が次の日になるとまた腫れてたりすることもあります。

一進一退の攻防…という感じでしょうか 

がんばれマコモ!!

ちゃいは時々、噛んでしまうことはありますが基本的に「マコモ湿布」に無関心です(笑)

ちゃいの場合は、元々アレルギーでなるべく添加物の入ったものを食べさせないようにしていたのと
乳酸菌のサプリなどデトックス効果のあるものを飲ませていたこともあり好転反応が出にくいのだと思います。

好転反応が強く出るのはもっと重い病気の人や動物だとは思いますけど
乳酸菌のサプリを飲ませ始めた頃は一時的にアレルギーがひどくなりました。

また変化があったらご報告しますね。

ちゃいに飲ませているサプリのこともまた今度、紹介します。



追記

マコモの資料に載っていた猫ちゃんの記事を参考までにアップしておきます。

そのままのサイズだと読みにくいので拡大して読んでください。

記事(画像ですが…)の上にカーソルを載せると「+」に変わりますので、
そこでクリックすると拡大されます。

こちら と こちら 




にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
ランキングに参加しています

| ちゃい日記 | | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春の予感



まだ寒い日も多いですけど、
少しずつ春が近づいてますね。 



IMG_1073.jpg
春の予感がしますニャ




IMG_1074_20120308220141.jpg
お日さまが好きです 




IMG_1083.jpg
僕、眠くなってきました…






IMG_1022.jpg

食用の菜の花を1本お水につけておいたら、こんなにきれいに咲きました♪

先日、お花屋さんの前を通ったらこれよりもショボいのが158円で売ってたんですよ(゜o゜)
買う人いるのかなあ…?


 

にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
ランキングに参加しています

| ちゃい日記 | | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

良性でした!!



ご心配おかけしてすみませんでした(゚ー゚;A

ちゃいの腫瘍は良性でした。

結果が出てからブログに書けばよかったのに…。

でもあの時は書かずにいられなかったんです。。。


ちゃいの腫瘍は「アボクリン線種」という病名だそうです。



血液検査の結果は

腎臓の数値が少し悪くて

尿素窒素 41.5 (基準値 17.6~32.8)
クレアチニン 2.2 (基準値 0.0~1.0)

でした。

そんなには悪くないので、処方食とこれ以上悪くならないようにするお薬を飲めば大丈夫みたいです。



IMG_1027_20120305155657.jpg



みなさんの、あたたかいメッセージ、すごく心の支えになりました。

ありがとうございました。


 追記

「アボクリン線種」については、良性で転移する可能性もないので、
このまま様子見でも良いとも言われましたが、手術もすすめられました。

でも手術はしないと思います。 


にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ  

| ちゃい日記 | | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

検査結果、遅れてるみたいです





先ほど、病院に電話したらまだ病理検査の結果が出ていないとのことでした。

心配して見に来てくださっているみなさん、ありがとうございます。

水曜日にはご報告できるかと思います。


IMG_1055.jpg



IMG_1056.jpg



ちゃいは元気にしてますよ 

私の不安な気持ちを察してか、昨日は一晩中、一緒に寝てくれました。

いつもはお布団があたたまってからじゃないと入ってこないのに
昨日はお布団を敷いたら先にお布団に入って待っててくれたんですよ(#^.^#)




にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ 

| ちゃい日記 | | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

病院行きました(長文です)



ちゃい地方、昨日は雪でした。


IMG_1070.jpg

雪の中、ペットタクシーで病院へ。。。

雪道にもなれたベテランドライバーさんだったので雪でも安心して病院まで行けました。

雪で病院もすいてたし…。
いつも混んでる病院なのに、着いた時は患者さんが誰もいませんでした。

ちゃいが子猫の時から診てもらって去勢もしてもらった猫専門の病院で6年ぶりです。

IMG_1057.jpg
病院なんか行かないで寝ていたかったのににゃ…。




今までブログに書いたことがなかったので、唐突なんですが…。

実は3年くらい前からちゃいの右脚にグリグリ(腫瘍)ができて様子を見ていました。
病理検査はしたことがありません。

最初は3ミリくらいで最初の1年はほとんど変化もなく過ごせました。

1年経った頃、急に大きくなったのですが、その時は膿のようなものがでて少し小さくなりました。

元の小ささにならなかったけど…。この時、7mmぐらいかも。


IMG_1071.jpg
舐めると血が出るため、2年前から包帯生活に…。
包帯生活になっても、ちゃいは特に嫌がる様子もなかったです。

 
その後、さらに1年くらい経った頃から少しずつ大きくなりはじめて、
ここ2ヶ月くらいでさらに大きくなり今は2cm大です(>_<)


IMG_1016.jpg
グリグリなんて気にしてられないぜ

本猫は元気で食欲もりもりです。

昨日は腫瘍の一部を切り取って病理検査に出しました。

塗る局所麻酔をして腫瘍の2箇所をペンのようなものでえぐりとってました。

泣き叫んでかわいそうだった…

まだ確定ではないのかもしれないけど、先生には見た感じだと悪性腫瘍ですって言われました。

ベテランの先生だと見ただけでわかるのかなあ。
ネットで調べたら見た目では判断できないって言ってる獣医さんもいたけど…。

あと手術をした方がいいみたいなことも言われました。

でも足の一番細いところで皮膚も伸びない場所だから腫瘍を切り取っても
皮膚を繋ぎ合わせることが出来ないため、
腫瘍を切り取った後は穴の空いた状態で傷が治るのを待つそうです。

で、ちゃいは今は15歳だけど5月には16歳で、オスの16歳はメスの18歳と同じだから最高齢の手術になるとのことです。

そうなの?
でも言われてみれば人間でも女性の方が長生きですよね。

IMG_1037.jpg
ボクはオカマです


まだ15歳だと思ってたらいきなり18歳って言われてダブルショック 

それに高齢で心臓の動きも弱くなってきてるそうです。

病理検査の結果は今度の日曜日に出ます。

病理検査と血液検査の結果を見てから今後のことを決めることになると思います。

でも手術はさせなくない。。。

血液検査は15分くらいでわかるって言われたけど、すでに心が折れる寸前だったので聞くのは病理検査と一緒にしました。

 


でも、ちゃいは強い子だからがんばってくれると思います。

もし西洋医学の治療が無理でも東洋医学とかホリスティックな選択肢も
いろいろあるしあきらめないでがんばます。

高齢だから悪性だとしても進行も遅いんじゃないかと…。

と思って自分を励ましてます。。。


病院では泣き叫んだちゃいですが、家につくとケロッとしてました。
ほんとに嫌なことはすぐ忘れちゃう子です。

今は少し膿が出てきてるので1日2回くらい抗生物質入りの軟膏を塗っています。

昨日は包帯を変える時に血がどくどく出てきたけど、今日は血が止まってました。


IMG_1052.jpg
みにゃさん、ボクを応援してね
 

最後まで読んでくれてありがとうございました 




にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ 

| ちゃい日記 | | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。